晴れた日には妖精とランチ−羊毛フェルト人形たち

アクセスカウンタ

zoom RSS 外苑前のちくちくサークル作品展終了

<<   作成日時 : 2013/04/03 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

3月22日(金)〜24日(日)の3日間。ちくちくサークルメンバー25人の作品が勢ぞろいしました。
1点だけの出品の方もいらしたし、最高で7点出品された人もいて、お店の中は所狭しと作品が並びました。
そのどれもが力作で、もう可愛いのなんの(´∀`*)。


画像

                     これは小学6年生の女の子のフェアリー


画像

これは高校1年生の女の子の作った狸?さんとお正月用リース(鏡餅付)を作ったHさんとのコラボ(本人達が知らないうちに♡)



今回の作品展の特徴はワンちゃん、ネコちゃん)、そして妖精が多かったこと。

画像

                               パピちゃん
画像

                                マメちゃん
画像

                            シェルティーのファミリー

画像

                            白馬、妖精共にIさん作
画像

                              妖精の姉妹

最近では羊毛フェルトの存在が大分知られるようになってきて、私のサークルに入るきっかけも“飼っているうちの子を作りたい”といっていらっしゃる方がけっこういらっしゃいます。
でもまだ特殊な針に慣れないうちはまだマスコット的な小さなものしか作れなくて、実写版に取り掛かるのは月一回のレッスンでほぼ半年後です。
Sさんも一番初めに作った黒いプードルちゃんは手の平サイズ。
画像

でも2年たった今では自分だけで30センチ近い作品を作るようになりました。しかも2体目を製作中!
画像


このように回数を重ねるにつれ、作品が手の平サイズからだんだん大きく。そして動物から人型へと移行するのですが、なんと言っても一番難しいのは妖精です。中には半年ほどかかって仕上げた方も。
ですから繊細なワンちゃん、ネコちゃん、そして妖精が多かったと言うことはそれだけメンバーの腕が著しく上がった事なんです!!

ズラッと並んだ作品達。
あるときは針で指を突っつき、あるときは表情がうまく出ないと声をあげ、
それぞれそこそこ(だってそれも楽しいんです)悪戦苦闘しながら仕上げた作品たち。
でも今はどの作品もみな優しい微笑みを浮かべて見る人たちの心を癒す。
本当に素敵な作品展でした。
見に来て下さった方々、そしてちくちくのメンバ−の方々、本当にありがとうございました。

★明日へとつづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
外苑前のちくちくサークル作品展終了 晴れた日には妖精とランチ−羊毛フェルト人形たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる